大人のためのカウンセリング

カテゴリー【 カウンセリングの話 】

 ご相談者の年代の変化

大井町でカウンセリングをおこなって、
14・5年になりますが、

特に、ここ二・三年の間に
カウンセリングにいらっしゃる方の年代が、
少し変化して来ている、印象があります。

もちろん、これまでも
十代の中学生から六十代の方まで
いらっしゃいました。

その中でも、カウンセリングというと
二十代半ばから三十代の方たちが
中心の年代だったと思います。


しかし、ここ二・三年は、気がつくと
三十代後半から四十代の方たちが、
以前よりも
多くいらっしゃるようになっています。

中心の年代が、少し変化してきている印象です。

 夫婦関係での相談

これは、わたしのところだけの傾向なのか。
それとも、他のカウンセリング施設でも
同様なことがあるのかは、分りません。

ただ、そうした変化のひとつには、
夫婦関係のことでいらっしゃる方が、
以前よりも増えている、
ということも
理由としてあるかもしれません。

また、カウンセリングというものが
少しずつですが、社会に浸透して来ている、
ということも
きっとあると思います。

 カウンセラーに求められるもの

四十代・五十代の方が多くなることで、
カウンセリングや心理療法をおこなう側の
カウンセラー自身の〝人生智〟というものが、
いっそう大切になってくるような、
気がしています。

カテゴリーカウンセンリグの話

【カウンセリングの話】
▷ 記事はこちら
 こころの物語 】
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


初めての方へ

森のこかげ・カウンセリングルーム

面談へいらっしゃる方へ 

ご質問にお答えして/ 目次

カウンセンリグを経験して